悪玉活性酸素が増えると老化がどんどん進む!

活性酸素には善玉と悪玉の2種類があるのをご存知でしょうか!?

善玉活性酸素はウイルスや細菌を退治するほか、血管をつくったり広げたりする働きをします。

悪玉活性酸素は細胞や遺伝子を傷つけ、生活習慣病や老化の原因になります。

加齢や体調によってミトコンドリアの数は減少します。するとひとつひとつの細胞に負担がかかり、活性酸素の発生量もアップします。その中には悪玉活性酸素も含まれるため、細胞が傷つけられ、ミトコンドリアがさらに減少するという負のスパイラルが生まれます。悪玉活性酸をを除去しないと、老化は加速してしまうのです。


悪玉活性酸素が増えると老化がどんどん進む!


コメント


認証コード3475

コメントは管理者の承認後に表示されます。